HOME > BANDS > BLACKLISTED

BLACKLISTED

BLACKLISTED
HOMETOWN :
Philadelphia, Pennsylvania USA
MEMBER :
George Hirsch - vocals
Shawn Foley - drums
Jon Nean - guitar
Dave Sausage - bass
LINK :
Facebook
Myspace

BIOGRAPHY

アメリカ、フィラデルフィア出身、現在のアメリカン・ハードコア・シーンにおいて最も注目を浴び、噂されると言われるネクスト・ビッグカマー・バンド、それがこのBLACKLISTED !
結成まもなくリリースされたデモが瞬く間に完売、それがアナログフォーマット7″epで地元WALK ALL NIGHT Recordsから再発されるとそれも完売、ライブ活動を続ける内にJamey Jasta / HATEBREEDが運営をするSTILLBORN Recordsよりオファーを受け1stシングル”Our Youth Is Wasted”をリリース!HATEBREED, COMEBACK KID等とアメリカ・ツアーを行い、彼等の注目度は加速度を増していく一方でそのシングルも廃盤となり、そこで以前よりインタビュー等で一番注目しているバンドとして、このBLACKLISTEDを挙げていたJacob Bannon / CONVERGEが自ら運営するレーベルDEATHWISH Incと契約、まず始めに廃盤初期2作品を1つにまとめたものを”We’re Unstoppable”と題して再発!
バンドはツアーに明け暮れ、HELLFEST, POSITIVE NUMBERS FEST等、有名ハードコア・フェスも総ナメにし、タイトル通りの止めることの出来ない活動振りで、現シーンにおいて非常に影響力のあるバンドとして捉えられることに!
その後、同じくDEATHWISH IncよりFIRSTBLOODとのスプリット7 inch EPでのリリースを経て、アルバムのレコーディングをプロデューサーのJim SeigelとのタッグでTHE OUTPOST( DROPKICK MURPHYS, SLAPSHOT, BLOOD FOR BLOOD,THE UNSEEN, GIVE UP THE GHOST, THE HOPE CONSPIRACY etc)にて行い、遂に1stアルバム”…The Beat Goes On”(ALLIANCE TRAX AT-1025/DEATHWISH Inc)をリリース! その激しさと感情の赴くままに吐き出し、叩き出す様なサウンドでバンドの極限まで高まったテンションとエナジーを強烈に作品に封じ込んだ、これぞまさにハードコア・バンドと表現するにふさわしいく、ベスト・ハードコア・リリースとなりうるであろう作品を完成させる!
それより後、幾つものツアーを更に重ねる内にそれと同じ位メンバーチェンジも重ねる事となるバンドだが、そのラインナップが現在の形になったと同時にニューシングル”Peace On Earth, War On Stage”を今度はCONVERGEのギタリストKurt BallouのGODCITY Studiosにてレコーディング, DEATHWISH Incより7 inch EP、デジタルダウンロードフォーマットで2007年春にリリースされたまさに革新的な音楽戦争を表現した激しさと詩的さと勇敢で荒々しい今日のBLACKLISTEDを表現した4曲を収録!
そのリリース以降は元CARRY ON, TERROR, BETRAYEDのTodd Jonesをギターに迎え入れ、ニューアルバムの製作とツアーを行っている止まる所を知らないBLACKLISTED!
その後、Todd Jonesが抜け、その穴にDave Fosterが正式加入。2ndアルバム”Heavier Than Heaven, Lonelier Than God”の制作を行い、これまでと同じDEATHWISH Incよりリリース。日本ではDEATHWISH Japanよりリリース。前作”Peace On Earth War On Stage”に続くその作品に置いて完全に独自の立ち位置を確立したバンドは、これまで以上にハードコア・シーンにおいて影響力のあるバンドとして捉えられている。
この頃からハードコアサウンドにまさかのシューゲーザーサウンドを取り入れ独自路線を開拓。前述の2ndアルバムのワールドツアー時の2008年10月に初来日をヘッドラインツアーとSTRIKE ANYWHEREとのカップリングツアーで行い幅広い層にインパクトを与えた。

その後も創作意欲は止まらず、2009年には早くも次のアルバムの製作に着手。年末にリリースされた3rdアルバム「No One Deserves To Be Here More Than Me」では前作を凌ぐ実験的要素を随所に取り入れた問題作となった。同時期にSIX FEET UNDER Recordsより「Eccentrichine」7″もリリース。この時期にDavid Fosterが抜け、PAINT IT BLACKのAndy Nelsonがギターで加入。2010年は新たにアルバムリリース後には幾つかのツアーをこなした後にメンバーの都合もあり暫しのライブ休止期間に入る。その間にも水面下でヴォーカルのGeroge Hirschは独自にソロ音楽活動を続けて行く。

 2011年夏にリリースされたSIX FEET UNDER Recordsのワールドワイドハードコアコンピレーション「Striving Higher」に参加。この年も毎年出演している地元の一大ハードコアフェスのTHIS IS HARDCOREにに出演するがバンドのオリジナルギターで現在はREIGN SUPREMEのヴォーカルのJay Pepitoがギターとして参加しプレイする内容は初期の曲のみという異例なセットだった。2012年になり夏の2大ハードコアフェスのSOUND & FURYとTHIS IS HARDCOREに正式な現在のバンド形態で出演を表明。その流れでオーストラリア/ニュージーランド/ジャパンツアーを行う事も決定する。フィラデルフィア・マジシャンズの冠を付けバンドの新たな歴史が幕を開ける。

新たに活動を始め、カリフォルニアのAMERICAN NIGHTMAREの復活ライブに参戦。DEFEATERと共にカリフォルニアとオーストラリアを津ツアーそして日本に訪れる。活動開始時に新たな楽曲制作を行い録音された楽曲で「So You Are A Magician?」EPをリリースする。

RELEASE

BLACKLISTED / So,You Are A Magician?