HOME > BANDS > TITLE FIGHT

TITLE FIGHT

TITLE FIGHT
HOMETOWN :
Kingston, Pennsylvania USA
MEMBER :
Jamie Phoden - guitar/vocals
Ned Russin - bass/vocals
Shane Maran - guitar
Ben Russin - drums
LINK :
Facebook
Twitter
Tumblr
MySpace

BIOGRAPHY

2003年にアメリカ、ペンシルバニアはキングストンにて学生時代に結成されたTITLE FIGHT。結成当初はBLINK-182やDESCENDENTS等に影響を受けたストレートなポップ・パンク・サウンドをプレイ。その中で幾つものデモを製作、ローカル・ショウをこなしてく内に地元ペンシルバニア州で少しづつ知名度を上げて行く。バンドの音楽性を探求しながらウィルキス・バレのハードコア・シーンで活動していた事と地元シーンの先輩COLD WORLDのメンバーの実弟がTITLE FIGHTメンバーに在籍する事からポップ・パンク・シーンだけでなくハードコア・シーンでもその名前を浸透させて行く。

結成から4枚のデモをリリースした後に、2007年に仲の良いTHE ERECTION KIDS(既に解散済)とスプリットをリリース。幾つかのミニ・ツアーをこなし、同年デビューEP「Kingston」をFLIGHT PLAN Recordsよりリリース。この時既に地元周辺では知られた存在となっていた為、この作品はすぐさまソールド・アウト。この辺りからバンドの噂は飛び火して行く事になり、メロディック・ポップ・パンク・シーンの大御所NEW FOUND GLORYやFOUR YEAR STRONGらからも支持を得て学生メンバーの可能な時期にショウを共にする程に。
2008年末にニューEP「The Last Thing You Forget」を製作。2009年にRUN FOR COVER Recordsよりリリース。再度ヴァイナルはすぐさまソールド・アウト。CDヴァージョンには前2作「Kingston」EPとThe Erection Kidsとのスプリットに収録されている楽曲を追加収録。それから暫くして同年に先に廃盤となっていたデビューEP「Kingston」をSIX FEET UNDER Recordsより再発。それもすぐさまソールド・アウトして現在はどちらも再プレスされている。
2009年はUNITED BLOOD, SOUND & FURY, THIS IS HARDCOREとアメリカのハードコア・フェスを総ナメ。出来るツアーをひたすらこなし知名度を確固たるものにしていく。
2010年初頭にはFOUR YEAR STRONGとのUSツアー、POLAR BEAR CLUB, SHOOK ONESとのUKツアー、SET YOUR GOALS, COMEBACK KIDとのUSツアーと多忙を極め、デビュー・アルバムの製作準備をしつつ、7月には前述の「The Last Thing You Forget」CDの日本盤をALLIANCE TRAXよりリリース、そして9月にはH2Oと共に日本に初来日ツアーを行う。

初来日は大成功に終わりその後、GORILLA BISCUITS~QUICKSAND~RIVAL SCHOOLSのメインソングライターのWalter Schreifelsをプロデューサーに迎え、地元フィラデルフィアの信頼於けるエンジニアWill Yipと共にデビューアルバムの製作に取り掛かる。様々なパンク・ハードコア・レーベルの争奪戦の結果、2010年末にSIDE ONE DUMMYと契約し、アメリカン・ハードコア・シーン全体の期待が掛かる中2011年春にリリースされたデビューアルバム「Shed」は一切の装飾を感じさせない彼等自身のありのままを浮き彫りに映し出した様な現代版パンク・ロックの至宝的作品となる。リリース後は立て続けにアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアでのヘッドラインツアー、THIS IS HARDCORE FEST 2011のメインステージ出演、FOUR YEAR STRONGのツアーサポート等、年内を精力的に休み無く活動を続ける。そのリリースツアーの一環で、2度目となる来日ツアーを2012年2月に盟友FOUNDATIONと共に行う。

2度目の来日ツアーで初のヘッドラインツアーも成功を納めたバンドは本国に戻り、初の全米アリーナツアーをRISE AGAINSTヘッドライナーでDAY TO REMEMBERと共に行う。その後、2ndアルバム「Floral Green」の製作に再びWill Yipと共に取り掛かる。Will Yipにエンジニアリングとプロデューシングを任せ、バンドの意思をダイレクトに詰め込み完成される。その後WARPED TOURに全行程参加。THIS IS HARDCORE 2012に出演。「Floral Green」を秋にリリースし、ヘッドラインツアーをヨーロッパ、アメリカで敢行する。

RELEASE

TITLE FIGHT / Floral Green
TITLE FIGHT / The Last Thing You Forget