HOME > RELEASE > DOWN TO NOTHING / All My Sons

AT1048 DOWN TO NOTHING / All My Sons < CD >

DOWN TO NOTHING / All My Sons
1,050 YEN include TAX
01. Number One
02. Set Sail
03. Gone For Summer
04. Undefeated (All My Sons)
05. Pipeline
06. Monument
07. Watered Down - 日本盤ボーナストラック
08. Shot Down - 日本盤ボーナストラック
09. When My World Turns Cold - 日本盤ボーナストラック
2000年に結成されてから今までに2枚のアルバム、幾つものスプリットやシングルをリリース、2008年には来日ツアーも行って来たアメリカはリッチモンド・ハードコア・シーンの立役者DOWN TO NOTHINGのニュー・シングル!

2008年の来日ツアー後辺りに、メンバー個々のスケジュールから一度フルタイムでのバンド活動を休止させ、ヴォーカルのDavid WoodはTERRORのベースとして正式加入、ベースのJared CarmanはTRAPPED UNDER ICEに正式加入。DTN休止中もひたすらにハードコア・ライフを続けていっていた彼等がギターに新たに地元の盟友バンドBRACEWARのメンバーを加え、2009年末に再度集まりレコーディングを行いリリースされるのがこの「All My Sons」。
単独作品としては2007年にRevelation Recordsよりリリースした2ndアルバム「The Most」以来のリリースとなる本作。楽曲/歌詞に関してもこれまでのDTNの軌跡をまとめつつそれまでメンバー個々の渡り歩いて来た経験をそのまま打ち出した今の彼等を表現しているパワフルでストレートでファンなハードコア・スタイルがシンプルで潔く自信に満ちあふれた充実の内容。レコーディングには他にもGUNS UP!, HAVE HEART, VERSE等をレコーディングし、過去のDTNの作品をレコーディングして来ているJim SiegelとThe Outpostスタジオにて行ったクオリティーも申し分無い。シングルながらその勢いと存在感は以前同様かそれ以上で、確実に現存するアメリカン・ハードコア・バンドのトップに位置する。

本作はアメリカとオーストラリアでは7インチヴァイナルとしてリリースされ、日本のみのCDヴァージョンでのリリース。ボーナスとして以前リリースしていたオーストラリアの50LIONSとのスプリットに収録していた楽曲を収録の全9曲構成。オリジナルアートワーク仕様、歌詞対訳付き。
FOR FANS OF: BANE, JUDGE, HAVE HEART, MADBALL, TERROR, TRAPPED UNDER ICE