HOME > RELEASE > TRASH TALK / Eyes & Nines

AT1049 TRASH TALK / Eyes & Nines < CD >

TRASH TALK / Eyes & Nines
1,575 YEN include TAX
01. Vultures
02. Flesh And Blood
03. Explode
04. Hash Wednesday
05. Envy
06. Rabbit Holes
07. I Do
08. Trudge
09. On A Fix
10. Eyes And Nines
2005年結成後ノンストップでリリース、ツアー、ショウ、マーチャンダイズ等、その突拍子も無い全てのアクション毎で世界中に名を轟かせ続けている現在のアメリカン・ハードコア・パンク・シーンのトップ・バンドの1つTRASH TALK待望の2ndアルバム。

今作はツアーも共にしたTHE BRONXのギタリストJoby Fordプロデュースの下、前作シングルでのゲストのKeith Morrisに続き、元CIRCLE JERKSで現BAD RELIGIONのギタリストGreg Hetson、THE BRONXのヴォーカルMatt CaughthranとドラムのJorma Vik、ALPHA & OMEGAのヴォーカルLuis Hernandezがそれぞれゲストで参加。
今までのひたすらにダークでファスト、スラッジ、ドゥーミーなスタイルは勿論健在しつつ、更にサウンド面、ヴォーカル面、共にハードコア・テイストを踏まえた秘めていたロック・テイストを剥き出しにした様な要素が加味されたバンドのポテンシャルを引き出す事に成功したプロデューサーの力を感じる会心の仕上がり。前作までダークの極みを追求して来たスタイルから今作で完全に一皮剥けたTRASH TALKスタイルを確立し、アメリカン・ハードコア・パンク・シーンを代表するバンドながらジャンルレスな立ち位置で更なる革命を起こすであろう誰にも真似出来ない個性を叩き付けた期待通りの問題作。

今作をめぐる本国アメリカに於いてのレーベル同士の争奪戦も前作以上に白熱する中で、かたくなにDIY信念を貫きメンバー自身のTRASH TALK COLLECTIVEよりリリース。流通を大きなレーベルに委託するというハードコア・バンドにとって異例の措置が取られる程。歌詞対訳付きでCDは日本盤が先行リリース。
FOR FANS OF: BLACK FLAG, THE BRONX, CIRCLE JERKS, CONVERGE